インターネット回線の解約は、新居への引越しなどで必要な手続きの1つです。
しかし、予め指定された期間に解約しなければ解約金が発生する等の契約時に営業から聞いてない部分が浮き彫りになり、利用者が不満を募らせるというパターンがよく見られます。
通信速度が遅いことも解約で大きな割合を占めている理由で、事前に説明されていたサービスと違うのに解約金を支払うのかとトラブルになりがちです。
手続きとして専用の電話番号に問い合わせる事例が多いにもかかわらず、営業時間には仕事中でなかなか電話をかけられない場合もあるので注意しましょう。
引越しシーズンに解約する場合には順番待ちになりやすいので、時間に余裕を持って申し込む必要があります。

広く普及している光回線は自分が契約している会社によって具体的な手続きと料金の計算方法が違うので、いくら不満であってもそれぞれの手順に従って解約するしかありません。
機器を購入していないケースでは返却する手間がかかるため、宅配便で送るのならば配送料をどちらが負担するのかも要チェックです。
光回線では検査機器を持ったスタッフが立ち入って点検と回収をする状況もあり、忙しい中でわざわざ時間を作って対応をすることから特に不満が高まっています。

契約における最低日数を過ぎていれば、次の契約になる前のタイミングで解約することで解約金を払わずに円満に解決できます。
短期間で解約すると手続きと解約金の両方で不満になりやすいから、十分に検討してから契約をするべきです。
パンフレットやホームページで契約内容を確認できるので、テレビでCMをやっていた等の安直な理由ではなく自分自身で吟味してから回線を準備するのがポイントになります。
トラブルになる原因の大半は調査不足だから、営業のセールストークを鵜呑みにせずにしっかり調べるのが鉄則です。

サービスを提供している会社としては利用者に長く使ってもらいたいので、回線の解約の方法は比較的分かりにくい位置に掲載しています。
毎月の利用料金をできるだけ安価にするために工夫しているからこそ、契約から指定した期間を過ぎるまでに解約したら解約金が発生する仕組みです。
解約金については契約時に詳しい説明をするのが普通で、疑問点があったらその場で営業に質問をすることで解決しておくのが賢い判断となります。
インターネット回線として遅い場合は自分の落ち度ではないので不満になりやすいものの、そのまま我慢して使うよりも解約によって仕切り直しをした方が良い場合が少なくありません。